バイク 保管

バイク 保管 トランクルーム

愛するバイクを屋外に置いておくのは忍びないし、心配だし、道路交通法が改正になり
駐車違反の取り締まりが厳しくなった今、トランクルームに保管する方が増えています。

 

マンションなどの集合住宅などでバイクを保管する悩みは、

 

・盗難やいたずらが心配。
・外だと、汚れや雨でのサビが気になる。
・狭いし、人の目も気になる。
・部品の置き場に困る。

 

それはトランクルームを借りて保管することで解決できます。

1位 ハローストレージ

⇒ 公式サイトはこちら

全国にあって店舗数も多い。
屋内型と屋外型がある。
バイクの保管には屋外型の1階

ハローストレージには都内にもあります。

公式サイトへ

2位 HOME'Sトランクルーム

⇒ 公式サイトへ

HOME'Sトランクルームは

多数の会社を紹介している総合サイト
場所や目的、大きさによっていろいろ探せる。

「バイクコンテナを探す」ボタンがあります。

地方の小さな運営会社もあるので
全国で探せる。

公式サイトへ

3位 スペースプラス

⇒ 公式サイトはこちら

スペースプラスは、
バイク専用のトランクルームがある。

サイトで「バイクコンテナ 物件検索」があるので探しやすい

ただ、店舗数が少ない。
関東近辺のみ

公式サイトへ

⇒全国のトランクルーム一覧

 

レンタルのトランクルームで保管する場合、2種類に分かれます。
コンテナ収納 レンタル収納 です。

 

コンテナ収納は名前の通り屋外にあるコンテナを借りて保管すること
それに対して、レンタル収納はビルなどで小さな部屋
クローゼットを借りて保管するというイメージになります。(総称してトランクルーム)

 

料金 広さ いつから借りられる? 自宅の近所にある?
について調べてみました。

 

料金は広さや場所にもによりますが、保管代?は月、2000円代から
初期費用もあります。1か月の保管代金の3倍から3.5倍くらいです。
解約は前月に申告が必要で、解約数量がかかるところもあります。
短期専用に保管契約できるところもありますので、各社費用はよく確認した方がよいです。

 

広さは、1.2帖(段ボール約36個)、2.0帖(段ボール約72個)、
8.0帖(段ボール336個)などがあります。

 

いつから借りられるかは
書類を提出し、完了すると鍵が送られてきます。
最短で2日ですが、通常は1周間をみておいた方がよいようです。

 

自宅の近所にあるかどうか、検索してみてください。
⇒全国のトランクルーム一覧
もちろんバイクだけでなく他の物も一緒に保管できるでしょう。
季節のもの、たとえば、キャンプ用品やクリスマス用品、子供の節句用品など
普段は使わないものを一緒に保管できちゃうので、家族の理解も期待できます。

 

バイクの保管はトランクルームで⇒ 賃貸型収納スペース ハローストレージ

バイク 保管 屋外

バイクは屋根のあるところに保管してあげたい。
でも、実際問題
一戸建てのおうちだって屋外になってしまうことも多いかも
マンションだって屋根があっても雨はかかってしまうでしょうし
何よりもいたずらや盗難が心配です。

 

趣味のものを置くトランクルームを借りるメリットは

 

鍵のかかる物置に保管できるので安心です。
車体のほか部品など一式も一緒に保管できるので、そこに行けば
大好きなバイクに会え、自分の時間を持てることができます。(トランクルームでの作業は規定で禁止されているところがほとんど。)
自体くより地震などの耐震性に結構強いことがある。

 

反対にデメリットはというと

 

一番は、お金がかかってしまうこと
それから、そこまで出向かなければならないこと

 

ではないでしょうか?

 

道路交通法が改正になり、駐車違反の取り締まりを民間に委託するようになって
これまで、2輪の駐車違反はほとんど取り締りされなかったのが、歩道のバイクは
駐車違反でどんどん切符を切られるようになりました。

 

そのため、これまで、より2輪用の保管スペースや駐輪場が増えてきていました。

 


HOME'Sトランクルーム

バイク 保管 コンテナ

バイクを貸しコンテナ(トランクルーム)を借りて保管するという選択肢もあります。
引っ越しまでの荷物の一時保管するためにこのサービスは出てきましたが、
入り切らなくなった家具や、季節にしか使わない道具など保管するために
物置のような使われ方がされるようになりました。
さらに
道路交通法が改正になり、取り締まり業務が民間に委託になって
バイクの駐車違反が厳しく取り締まられるようになりました。
バイクの駐輪場の数が圧倒的に少ない中、トランクルームに保管するオーナーさんが増えています。

 

実際にトランクルーム(ハローストレージ)で保管している人の声を拾ってみました

 

★トランクルームを利用したきっかけを教えてください。
 ⇒マンションのバイク置き場では狭く、また盗難やいたずら等の心配もあったので。
★利用して日々の生活の変化はございましたか?
 ⇒共同のバイク置き場等では何かと気を使いますが、自分専用のコンテナなので心おきなく使えます。
★利用して良かった点を教えてください。
 ⇒盗難の心配がなく安心です。コンテナ=屋内なので、雨ざらしと違いバイクも錆びません。
  それと3.11の震災時にビクともしなかったのには驚きました!
★ご利用の際の収納の工夫などがあれば教えてください。
 ⇒コンテナ内にスチール棚等を設置し、車体だけでなくパーツやメンテナンス用品、
  キャンプ道具等も保管しています。3畳タイプのコンテナですが、工夫次第で意外とたくさん収納できます。

 

安心安全をお金で買っている方のご意見ですね。
精神的にも楽になれるかもしれません。

 

バイクを盗まれたり、いたずらされると、
怒りや、憎しみ、悲しみととくかく腹が立ちます。
マイナスの感情はなるべく避けたいものです。

 

そして、いたずらされた修理代、
盗まれて出てこなかったら、新しく買うことになってしまいます。
こんなツライ出費はないです、しばらくショックから立ち直れないのでは?

 

精神的安定もお金で解決できちゃうんです。

 

⇒全国のトランクルーム一覧でバイク保管場所を探す

 

バイクの保管はトランクルームで⇒ 賃貸型収納スペース ハローストレージ

バイク 保管場所

ご自宅で一戸建てで止める場所があれば、悩む必要はないのです。
そうで、ないから悩んでしまうのです。
賃貸マンションや、アパートの場合、どうしたものかと考えます。
毎日乗るのであれば、家のそばに置くでしょう。

 

集合住宅でバイクを保管する場合、心配なことはたくさんあります。
一番は盗難でしょう。
せっかく手に入れたバイクが無くなってしまったら元も子もないです。
これだけは何としても避けたいことです。

 

そこで、鍵をかけます、一つでは心配なので、前のタイヤ、後ろのタイヤと
さらに動かないように柱やポールなどに括り付けたりと3か所付けて保管しました。

 

次に心配なのが、いたずらです。
今はほとんど、キーカバーが付いているので、鍵穴のいたずらはほとんどないようですが
私の友人は生卵をカバーの中に何個も入れられたことがあると言っていました。
ベタベタになって、臭いもキツイにでカバーは買い替えになってしまったそうです。

 

最後に、野ざらしだと、雨や風で車体の劣化が進んでしまうということです。
そのためにカバーは最低でもかけたい。
いたずら防止にもカバーはあった方がいいです。

 

ここで問題なのが、バイクのエンジンを切ってすぐだとマフラーが熱くなっていることで
カバーの素材によっては、すぐにカバーをかけるマフラーに当たってカバーが溶けてしまうことがあるということです。

 

そこで、冷ましてからカバーをかけ保管しようと思うと、ついついおっくうになってしまったり、
その間にいたずらされてしまったりととても悩ましいところです。

 

そして、一番悩むのは普段はあまり乗らない、趣味の愛車の保管場所です。
バイクはむき出し状態の機械、そのまま置いておくなんて、無理無理!
エンジンもずっとかけないのはよくありません。
毎日でなくても、数日に一度はかけたいものです。

 

ちゃんと屋根のあるところで保管したいものです。
すべての心配事を少しのお金でトランクルームで保管することで解決できるなら、心の安定にもなります。

 

家を探すときにはバイクが安全に置けるかを重心に探す人も多いです。
バイク専用の駐輪場があってセキュリティ対策がちゃんとしているところが最適です。

その場合家の家賃も高いことも多いです。バイクのために高い家賃で借りるより
家賃はそのままで
トランクルームを駐輪場として借りるという方法もで、バイクを安全に保管する。
ジワジワと人気になりトランクルームの数も増えています。
1条くらいからありますので、1万円代から借りられるところもあります。

 

トランクルームを探してから、近所に家を探せば、両方で予算内の家賃で済むかもしれません。

 

 

バイクの保管はトランクルームで
⇒ 賃貸型収納スペース ハローストレージ

 

 

バイク 保管 ガソリン

バイクを保管するときにガソリンタンクのガソリンをどのくらいにしたらバイクにいいのか悩む方が多いようです。
長いこと乗らなかったり、冬場で氷点下になってしまう地域では特に大きな問題です。

 

バイク好きの人に聞いたりや、ネットなどで調べてみましたが
「ガソリンを満タンにしておく」

 

という答えがほとんどでした。

 

理由はサビ防止のためだそうです。

 

タンクの中で空気に触れる部分を多くしてしまうとタンクは金属でできているため
錆びやすくなってしまうということでした。

 

タンクの中は見えないし、サビでしまっていたら、エンジンにも影響が出てくるでしょう

 

雪国では冬場はバイクでは走れませんもんね。
長い春を待たなくてはなりません。

 

 

バイクを長期乗らない時の対策は

 

1.ガソリンは満タンにする。

 

2.キャブレター内のガソリンを抜く。
キャブレターにガソリンが入ったまま長期放置していると蒸発して成分が残り故障の原因になります。

 

3.洗車をきちんとする。
腐食が進んでしまうので、キレイにしておくことが大事です。

 

4.バッテリーを外す。
たまにエンジンをかけることができるなら、外す必要はないですが
放電して、バッテリーの寿命が短くなってしまうので外す方がいいようです。

 

5.カバーを掛ける
外気や直射日光から守るためにかけます。
外装だけでなくエンジンを守るためにも必要です。

 

冬だけでなく長持ちさせるために日ごろから気にしておくことが大切のようです。

 

やっぱり、手をかけてあげないと、いつまでもキレイではいてくれない。
女性と同じですね。

 

バイクの保管はトランクルームで
⇒ 賃貸型収納スペース ハローストレージ

バイク 保管庫

バイク は大きいです。
でも乗れる人数は少ないし、共有していることも少ない。
個人的趣味になることがほとんどで、理解をしてくれない家族もいたりします。
大きさで、邪魔にされたりすることもあるでしょう。

 

でも持ち主としては、愛車には特等席で保管したいものです。
そして、ケアもじっくりとしたい。
2人の時間?邪魔されることなくバイクと過ごす時間持ちたいものです。

 

解決方法の一つとしてトランクルームを借りて保管するということもあります。
バイクを家族の目を気にせず心置きなくいじれるって考えると楽しい。

 

バイクをカスタムしている方には部品の保管庫としても利用できます。
パーツや道具の置場としてはバイクの近くに置けて便利です。

 

その他、家庭にあるあまり使わない家具や季節物の道具
キャンプ用具、クリスマスツリー、お雛様や五月人形などの季節ものなども入れておけますので
借りるための説得材料にもなります。

 

 

バイクの保管はトランクルームで⇒ 賃貸型収納スペース ハローストレージ

 

バイク 保管 トップページへ 

バイク 保管 コンテナサイズ

バイクの保管するのに、コンテナを借りるときコンテナのサイズは
どうなんでしょうか。

 

自分のバイク保管できるのか、出し入れの余裕はどのくらいあるのか、
気になります。

 

1.5帖とか2帖とかサイズがあるようですが、金額が変わるわけですから
どちらを借りねばならないか調べなければなりません。

 

 

次の2社の保管用のコンテナサイズは下記の通りです。

 

 

ハローストレージ

 

1.5帖 230cm×115cm×230cm
2帖  230cm×145cm×230cm

 


賃貸型収納スペース ハローストレージ

 

 

スペースプラス
こちらはバイク保管専用のコンテナです。

 

外寸 幅1,250 奥行2,500 高さ2,028
内寸 幅1,230 奥行2,365 高さ1,910
シャッター 幅1,050 高さ1,625

 




『トランクルーム』『コンテナトランク』レンタル収納スペースのスペースプラス

 

 

⇒全国のトランクルーム一覧

 

バイク 保管 トップページへ 

バイク 保管 短期

バイクの保管を短期間でしたい時トランクルームはどうでしょうか、調べてみました。

 

ハローストレージでは、
1か月以上の契約期間からです。
解約は前月に申し込まなければならないので、最短で2か月となるようです。
こちらは解約金は発生しないようです。
しかし、初期費用で使用料の3.5か月分が必要になります。

 

スペースプラスでは
3か月以内の短期契約があります。
カギが届く前に「短期契約届書」を提出することが必要です。
短期契約の場合は解約手数料がかかりません。

 

初期手数料は、当月(20日前の日割り、以降は翌々月も必要になる)
、翌月の使用料と契約事務手数料(月額賃料)

 

 

⇒ バイク 保管 トップページへ